パンを半分食べる日々

薬が少し効いてくる

内科先生からもらった薬で多少胃痛やお腹の調子は良くなってきました。

それでも完全に戻ったわけではなく、あくまで多少改善された程度です。

いつまでもお腹の調子が悪い…正直うんざりしていました。

ご飯を食べるのが怖い

お腹がずっとこんな調子なので、食欲沸きません。

それどころか、ご飯を食べるのが恐怖になっていきました。

旦那(呼びにくいので今日からパパと呼びますね^^;)は「ヨーグルトを食べるといいよ!青魚もいいよ!」と色々提案してくれるのですが、食べてもすぐお腹を壊します。

家族の食事の準備はしますが、私自身はほとんど食べなくなりました。

そのうち、「6枚切りのパンを何も塗らずに半分、食べられるときに食べる」というのが定番になってきました。

1枚は食べきれないので、半分です。

8枚切りなら大丈夫なのかな?と思い挑戦してみましたが、それでも多いようでした…。

これは私の場合なので、何があなたに食べられるものなのか分かりません。

終わりのないつわりを経験している気分でしたねTT

元々私は食べるのが好きなタイプなので、これは困りました…。

せめておいしいパンを食べようと、ちょっと高めの食パンを買っていましたね(笑)

食欲不振はうつ病にはよくあること

この頃からうつ病のブログや記事をよく見るようになりました。

調べてみると、食欲がなくなる人も多いようですね。

  • 食欲が湧かない
  • 食べてもおいしくない
  • 食べたら戻したり、お腹を壊してしまう…

調べれば調べるほど怖くなります。

でも、自分も似たような症状に実際になっているので、今後のために知識を付けておかないといけないと思いました。

まずは食べられるものを食べよう

何も食べたくないと思ったときでも、とりあえず水分は取っておきましょう。

私はのどが渇くといううつ症状も出ていたので、水分の補給はこまめにしていました。

(というか飲まずにはいられませんでした^^;)

また、許される環境なら「食べたいと思ったときに食べたいと思ったものを食べる」というのも大事です。

食べたいと思ったものを食べられただけで満足感が得られますし、少し幸せな気分にもなりれます。
食べたいと思ったものは、実はその時体が欲しているものだったりするのです

ただし、食べ過ぎには気を付けるようにしましょうね。

食べ過ぎてしまうと、今度は依存症状が出てしまいますので。

私もお腹の調子がよくなってからですが、依存した食べ物があります。

次回はそちらの話をしたいと思います^^

アーカイブ