初めての心療内科

こんにちは、みるくママです!

今日は娘と美容室に行ってきました。

髪の毛と心も軽くなり、お財布も軽くなりました(笑)

娘は縮毛矯正もしないといけないので^^;

子供の頃から通っているところで私のうつ病のことも話しているので、無理をしないでいられるのがいいですね〜(^^)

心療内科へ行くまでの葛藤

内科で胃薬や抗不安薬をもらい、胃カメラまで4日ほど間がありました。

そのたった4日の間に、私のうつ症状はどんどん悪化していきました。

  • 朝起きられない
  • ご飯が食べられない
  • 朝方まで寝付くことができない

 

フラフラの状態でしたが、まだ正式な病名がでてなかったため胃カメラの日に時間休を取る以外は会社には通常通り行っていました。

そして帰ってきてまたグッタリしている私を見て、パパがさすがに心配になったようです。

「みるくママ…明日心療内科行こう…オレも一緒に行くから」

心療内科…マジか…。

私の中で心療内科・精神科のイメージは薄暗ーくてどんよりしていて、近づいたら危ない怖そうな人が沢山いるというイメージでした。

 

そんな中に私も行くの?

私、そんなにヤバいレベル?

自分が情けなく、泣きたい気持ちになりました。いや、泣きました^^;

それでも、子供達のためにもきちんと治さないとダメだなと考え直し、病院に行く決心をしました。

心療内科の中と問診票

次の日、心療内科にパパと一緒に行ってきました。

外観は何度か見たことはありましたが、中に入るのは初めて…。

本当に緊張しました。

 

外観でも綺麗なところだなと思っていましたが、中に入ると思った以上にきれいで清潔な、明るいイメージの空間でした。

受付の方も暗い感じはなく優しかったし、患者さんも私が思ったよりも変じゃない…(大変失礼…)。

「この人本当に心療内科に用事があるの?」というくらい普通な感じの方々が待合室に座っていました。

普通の内科などの病院の方がイメージとしては暗いかもしれません。

(でも、ここにいる人達は何かしら悩みや苦しみがあって来ているんだな…。)

 

受付で問診票を見ると、お困りの症状は?という欄があり、当てはまるものに丸をつけていきます。

疲れやすい・動悸・人に会いたくない・朝起きられない・声が聞こえる・嫌がらせを受けている気がする・死について考えることがある・飲酒がやめられない・過食・拒食

このような内容が並んでいました。

他にも家族の中に心療内科を受診したことのある人はいるか?という質問もありましたね。

他にもあったと思うのですが…私が覚えているのはこれくらいですみません^^;

 

問診票も書き終わり、診察に呼ばれるまで待合室にいましたが、病院に来る前よりも緊張は取れていましたね。

病院の明るい印象が、私の心を和ませたのかも知れません。

次は心療内科での診察について書こうと思います。

アーカイブ