唐揚げはずぼら主婦の味方!

こんにちは、みるくママです!

今日は娘が夕飯を作るのを手伝ってくれました。

唐揚げだったのですが、娘が盛大に油をはねさせまして…

久々に「あち〜っ!」と大声で叫びました^^;

火傷はジワジワ痛いのが嫌ですね〜(T_T)

でも、娘に油がはねなくてよかった(;´∀`)

ママの揚げた唐揚げが食べたい

うつ病がだいぶ良くなってきて、料理も簡単なものができるようになってきた頃のことです。

うつ病がひどく起き上がるのもやっとだった頃は、夕飯のおかずはコンビニやお肉屋さん、スーパー等のお惣菜に頼ってきました。

唐揚げは子どもたちも大好きなので、結構頻繁に買っていましたね。

 

ところがある日、息子が突然

「ママー。ぼく、ママの揚げた唐揚げが食べたい」

と言ってきたのです。

すると娘も

「私も!揚げたての唐揚げ美味しいよね〜☆」

と賛同してきました。

 

これまで買っていたものも唐揚げ専門店から買っていたりしていたので美味しくないはずはないんです。

ですが、子どもたちにとって「ママの作る唐揚げ」はやはり別格だったのですね…。

唐揚げの素で手間を省く

これまで唐揚げを作るときは、にんにくや生姜をすり、醤油や酒などで下味をつけてから粉をまぶしてあげていました。

ところが、うつ病になると今までできていたことすらできなくなります。

この唐揚げの下味をつけたり粉をまぶす作業も、私にはちょっとハードルが高いものでした。

そこで、思い切って唐揚げの素を買ってみることにしました。

 


実はこれまであまり使ったことがなかったんですね。

やはり自分好みの味付けにしたかったので市販のものは…と思っていました。

 

でも、うつ病になって難しい料理ができなくなったので、そんなことも言っていられません。

スーパーで迷うことなく唐揚げの素と鶏肉を買い、料理を始めました。

ちなみに鶏肉もから揚げ用にカットされているものがいいですよ!

「包丁で切る」というのもうつ病主婦にとっては結構ハードルが高いです。

「やりたいけど気力が出ない…」と夕飯の準備すら放棄してコンビニご飯を食べるなら、少し高くてもカットされているお肉を買ったほうが経済的ですし、自分自身も「家事をやった!」という満足感を得られます。

唐揚げの素を使った唐揚げの作り方

知っている方もいらっしゃると思いますが、唐揚げの素を使った唐揚げの作り方をご説明しますね。

 

  1. 唐揚げの粉と水を指定された量を入れ、均等に混ぜる
  2. カットされた鶏肉を1に投入する
  3. 10〜15分放置
  4. 180度の油で揚げる

 

これだけです!

自分でもビックリするくらい簡単で驚きました(笑)

そして、特に手間を加えなくても衣がカラッと揚がるのがいいですね。

2度揚げも必要ありませんでした☆

 

これに洗ったレタスとミニトマト、常備菜にご飯と味噌汁があれば立派な夕飯です!

家族の反応

私がいつも作る唐揚げと鯵が違うので、最初は大丈夫かな?と心配しましたが杞憂でしたね。

「美味しい!」

「やっぱり揚げたてが美味しいね!」

と1キロ揚げた唐揚げが、あっという間に無くなりました。

(成長期の食欲はすごい(笑))

 

やはりどんなに手抜きでも、ママの作ったものを食べたかったんですね。

この位の手間でしたら、うつ病の症状がひどくないときでしたら作れます。

 

今では週1〜2回位はお惣菜に頼るときもありますが、なるべくズボラなりに簡単な料理を作れるようになりました。

子供の笑顔は、やはり原動力になりますね!

私にとっては太陽の光よりセロトニンが分泌される存在かもしれません(笑)

まとめ

唐揚げは唐揚げの素とカットした鶏肉を利用すれば簡単にできるです。

天ぷらは沢山の野菜を切る必要があってハードルが高いですが、お料理リスタートのための簡単メニューの1つに加えてもいいと思います。

 

今は唐揚げのもとも色々な種類があり、その時の気分で味を変えることもできます。

余裕があればポテトまで揚げてあげると、子どもたちも大喜び!

是非一度心と体力に余裕があるときは挑戦してみましょう♪

 


今日はこちらの粉を使いました。我が家のお気に入りです☆

アーカイブ