旦那キレる。仕事のドクターストップへ

こんにちは、みるくママです。

週末はミーが具合が悪かったので、家でのんびりしていました。

おかげさまで、少しずつご飯が食べられるようになりました!

よかったわ〜(*´∀`)

旦那にキレられ病院へ

うつ病を発症し、時短勤務になって数カ月。

上司はなるべく早く決めると言っていたのに私の後任はなかなか来ませんでした。

あとから聞いたところ、後任を探していなかったことが判明!

3月まではこのまま私に時短勤務をしてもらうつもりだったようです^^;

時短勤務は楽?

時短勤務で少しは楽になったかというと、そうでもありませんでした。

授業の準備はしなければいけないし、以前より頭が回らなくなっているので時間もかかります。

一旦帰宅してベッドに横になっても仕事のことは頭から離れませんでした。

仕事量も変わりませんでしたし、当然ですよね。

仕事に追われていても家事は相変わらずできません。

特に料理。夕飯は毎日パパに何かしらおかずやコンビニご飯を買ってきてもらい、朝は菓子パンで済ませていました。

朝のパパの爆発!

特に朝は動けなかったので、家族にはそれぞれご飯を食べてもらっていました。

少し調子がいい日はダイニングテーブルに座っている日もあったのですが、頭痛がするのでいつもだるそうにしていました。

ちょっと朝からパパが子供達に何か説教をしていたのですが、それを聞いていると余計に具合が悪くなります。

「朝からそんなに怒らないで…余計頭痛くなるし…」

そう伝えたところ、

「そう言うけど、治す努力してる!?時短勤務でも全然仕事量も変わってないじゃん!」

と怒られてしまいました。

「そんなこといったって…生徒たちもいるし…」

「生徒と自分の体、どっちが大事なんだよ!」

生徒と自分の体…と言われたらその時は生徒でした。

受験前の生徒を受け持っていたので、何とか志望校に合格してもらい、夢を叶えてほしいと思っていましたね。

それを察したのか今度は

「生徒と家族だったら?」と確認されました。

家族か仕事か

それはもちろん家族です。

子供達にとって、ママは母親は私だけですから。

「家族…」と伝えると

「仕事と生徒はどうにでもなるんだから、とりあえず今は自分の体が治さないと」

とハッキリした声で言われました。

実際に心療内科の先生からも早く職場から離れた方が良いと何度も言われていました。

それでも生徒のために…と数カ月頑張っていた私。

「今は仕事から離れられない」と仕事にこだわっていたのは、私だったのかもしれません。

でもそれが、結果的に子供達とパパを後回しにしていたんでしょう。

パパに指摘されてようやく気づいた私は、かなり頭の回転が鈍っていたのでしょう^^;

主治医からの診断書

その日の午前中、パパに付き添ってもらって心療内科に行きました。

今度はパパも診察室に入り、これまでの行き札をパパから先生に話してもらいました。

「そうですか…では、診断書を出しましょう。その方がゆっくり療養できますし

そう言うと先生はその場で診断書を書いてくれました。

病名にはしっかり「うつ病」と書かれていました。

実は、先生はずっと病名をハッキリ私に教えてくれませんでした。

なので「本当にうつ病なのかな…」と考えていたのですが、やはり私はうつ病だったようです。

正直ショックでした(T_T)

アーカイブ