砂糖に依存する

こんばんは!今日は夕飯前にうっかり胃薬・整腸剤を飲み忘れてしまい、お腹がピーピーいっているみるくママです(笑)

猫のシーに結膜炎の目薬をつけてあげるのに夢中で、つい忘れてしまったんですよね…^^;

ちなみにシーは抱っこ嫌い、ミーは抱っこが大好きです♡

 

特定のものを食べまくる

さて、本題にいきましょう。

うつ病は食べられなくて痩せてしまう方も多いですが、実は過食に走ってしまう方もいらっしゃいます。

私も薬のおかげでお腹の調子が落ち着いてから、過食気味というか、特定のものが食べたくて仕方がなくなりました。

 

それはコンビニスイーツ!特にチーズケーキですね。

チーズケーキが食べたい!と思うと、いてもたってもいられなくなり、コンビニまで車を走らせて買ってくるという生活を送っていました。

時にはチーズケーキともう1種類別のスイーツも買って、どちらも食べてしまうということも…。

 

これはおかしいと思い、心療内科の先生(初登場です^^;)に相談したら

「あ~、それは砂糖に依存している状況だからやめたほうがいいよ」と言われました。

 

なぜ甘いものが食べたくなるの?

砂糖には幸せだ~!という気持ちを与えてくれるセロトニンやドーパミンなどを促す効果があります。

イヤなことがあった時に、甘いものをドカ食いしちゃうということはありませんか?

それは体がセロトニンやドーパミンを促してほしいから、サインを送っているのかもしれません。

 

ただ、この砂糖ですが、依存しやすいんだそうです。

砂糖を摂取することである種の快感を味わってしまうと、またストレスがたまった時などに脳がその幸せを欲するんですね。

なので甘いものを食べまくってしまう…ということが起こります。

 

うつ病は小さなストレスが積み重なってできたストレスの親玉です。

なので脳が甘いものを欲して、幸せになりたいと思っているんですね。

 

依存解消には家族の協力も必要

もし、自分では甘いものを食べることがコントロールできない場合は、家族に手伝ってもらいましょう。

私の場合パパに協力してもらい、徐々に量を減らしていきました。

買ってきたものを半分にしたり、デザートの空き容器やゴミをチェックしてもらいました。

そうすることで何とか毎日のコンビニデザート天国…地獄とはお別れすることができました。
今も完全にコンビニスイーツを経ったわけではありません。

ですが確実に回数と量が減りました。
健康にもお財布にも優しい生活ですね!(笑)

 

実は…現在もちょっとハマっているものがあります…。

それがこれ!

 

ヨーグルトのシリアルのせです。

私は牛乳を飲むとお腹が少し緩くなるので、シリアルはヨーグルトで食べています。

シリアルやグラノーラは片手1つくらい入れています。

 

ただ…最近はシリアルの量が増えてきている気がします…。

先週あたりは毎食これでいいや☆と思うくらいでした。

これは、確実にシリアルやグラノーラの糖分に依存しているんですね…。

最近は食べ過ぎてお腹が苦しくなり、後悔することも触えました。

 

さすがにそれはマズイと思い、パパにもそのことを伝え諭してもらいました^^;

砂糖摂りすぎになっちゃうよと言われました(笑)

1日1回、朝食の時だけで我慢です。

 

身近な食材でも、何かに依存するのは怖い…。

皆さんも気を付けましょう><

アーカイブ